HOME > コラム1-1

『タイプ別マニュアルの限界』メイクのマニュアルは参考にならない?

『雑誌や情報を参考にしても上手くいかな~い』
『情報が多すぎて何を参考にしたらよいのかわからない』
 と悩んでいらしゃる方が多いようですね
 そこで、あらためて・・・
 情報の取り入れ方、参考の仕方を考えてみましょう!

1.“タイプ別メイク方法”

“タイプ別メイク方法”雑誌などで一度は見たことありますよね。
『きっと私は〇〇タイプ』と、数種類の中から適当なタイプにあてはめて試してみた!!
『でも、なんだかピタッとこない・・・。なんで~~?』
こんな風に思われている方、結構多いのではないでしょうか?

どういうことか・・・具体的に考えてみましょう。
まず顔型を挙げて分けてみます。
丸顔・面長・四角・三角・逆三角・ひし形・タマゴ型などなど。

次に顔の印象を適当に挙げてみます。
童顔、老け顔、濃い顔、薄い顔などなど。

さらに顔の特徴も適当に挙げてみます。
ふっくら、シャープ、小さい、大きい、細い、太いなどなど。

ココまで分類していきますとやっとお顔立ちがつかめてきましたね。
でも、タイプをそれぞれ組み合わせると・・・?
なんと、これだけでも150パターン以上にもなってしまうんです。
さらにパーツの配置や特徴が絡んでくると、もはやタイプ別に分けるなんてムリって感じますね。 数百パターン別に説明されているマニュアルなんてないですもんね。

実際のほとんどの“タイプ別”マニュアルは種類が少なすぎです。
あくまでも大雑把にタイプ分けしているだけですから・・・
顔型をわずか数パターンに分けても、大まかなことしか参考にならないと思います。
一つの分け方から判断できることはとっても少なく、しかも平均化されてしまうんです。
それぞれの特徴を吟味してこその、総合判断が必要だと思います。
厳密にはお顔の数だけ似合うメイク法があるわけですから。

人(特に我々日本人)は好んで、〇〇タイプと分類したがるようです。
血液型や星座、あるいはカラータイプやメイクでの顔タイプもそうです。
実は、簡単に“タイプ別”で解説できるメイク方法は、初歩の初歩的How toで、
説明する側にとっても説明しやすくわかりやすい、でもその反面、
それだけでメイクの仕方を判断するのは限界があり、間違いのもとになることがあります。
マニュアル時代の我々は陥りやすくついつい(私も)してしまいがちですが
逆に混乱したり勘違いしてしまう原因になってしまうことがありますね。

ではどうしたらよいのでしょうか?
タイプ分けは無意味なんでしょうか?
いえいえ、まったく無意味ということではありません。
ただあくまでいくつかの中の方向性を示したもの程度と考えてみてはいかがでしょうか。
先にも書きましたように総合判断なんです。
一つの分類ではなく、いくつかの“タイプ別”を参考に試してみることですね。
写真や画像を撮って後からチェックするのも参考になると思います。

さらに言えば、その際に必要な客観的な目線で総合判断をさせていただくために
経験豊富な人材として私たちがお役に立てるんだと思っております。

2.“〇〇さん風メイク、〇〇さんおすすめ”

憧れのモデルさんやタレントさんなどが使っている、おすすめしているコスメやメイク法。
憧れてるからマネしたい、同じになりたい、と思ってしまう。
特にお若い方は、憧れ=同一化を望んでしまう傾向がありますね。
私もそうでした。でも“好き”と“似合う”は別です!!
あくまで冷静に、そして流行の道しるべとして参考程度に取り入れましょう。
イメージに惑わされないことが大切だと思います。
でもなんとなく似ていて尚かつ素敵だなと思う方のメイク法やヘアスタイルはヒントにはなりますネ。
全体の骨格や体格が共通する方からファッションの着こなし、
お肌の色や質感が似ている方からはファッションやメイクの色使い・・・というように、
部分部分を分けて分析して取り入れると失敗が少ないと思いますがいかがでしょうか。

3.“何色が似合う?”

『何色が似合いますか?』と良く訊ねられます。
実は、色別で似合う・似合わないを分ける考えは失敗のもとです。
どういうことかと申しますと・・・例えば、茶色
『茶色が似合わない』とか『茶色が似合う』と言いますよね。
でも、一言で茶色と言っても、無数の茶色があります。
それぞれが持つ“色の性格”や“性質”もそれぞれ違いますし、質感も違います。
暖色系の茶色や寒色系の茶色、さらに、色味も無数にあります。
その方に似合う茶色は必ず存在しますし、似合わない茶色も存在します。
大切なのは、どういった茶色がどこにどのように効果的に使えるかということです。
また、お洋服で似合う色がメイクで似合うとは限りませんのでご注意ください。

メイク=色と直結してしまうのはお若い方よりは年齢が高めの方に良く見られる傾向です。
また、色や色の組み合わせにも流行があります。
マット、パール感、ウェット、ラメなど質感も流行があります。
年齢やお肌質によって、オススメできない色や質感もあります。
さらに、お隣りの色、組み合わせる色によっても、その色の持つ特徴・性格・見え方までもが変わってきます。
複雑で実態がない・・・それが、色の正体なんです。

本来、どう見せたいかでメイク方法や使う色などを決めていきます。
どのようにメイクしたら似合うか、それを掴めば色選びではあまり迷わなくなります。
色選びの優先順位は頭からすこしはずしたほうが、メイクの上達は早いですし、
ワンパターンにならずにかえって可能性がいっぱい膨らみます!
1でも申しましたように総合判断と柔軟な感覚が必要ということです。
レッスンでは、求められている雰囲気に添った色味などのアドバイスや
色選びのコツなどをご提案させていただいております。

▲ページのトップへ

イメチェン事例

MAKE-UP MENU

【コラム1】プロのメイクを身近に・・・

【コラム2】おうちでメイクレッスン

メイクが上達するブログ

メイク上達ブログ『地道にコツコツメイク研究室』

プロ養成レッスン